人気ブログランキング |

保護ねこ ぎんちゃんが永眠しました

ぎんちゃんが亡くなりました。
f0294869_1604576.jpg

f0294869_1681870.jpg

里親様募集記事にも使っていたお気に入りの写真

あまりに突然のことで、現実を受け入れられず混乱と悲しみが半々です。
保護部屋のドアを開けると、巨体に似合わない可愛い声で「ナン♪ナ〜ン♪」と歌ってくれたぎんちゃん。
正確な年齢はわかりませんが、どんなに多く見積もっても5〜6歳。
我が家で暮らし始めてまだ1年1ヶ月しか経っていません。
まだまだこれから楽しいことが沢山あったはず。
もっと皆と過ごしたかったでしょう、美味しいものを沢山食べたかったでしょう…
こんな若さで…さぞ無念だったと思います。ぎんちゃんが可哀想でなりません。

くるみちゃん・きなこちゃん そして デカミルクのトライアル開始を近日中に予定していて、
ご報告したいことが沢山出てくると思うのですが…しばらくブログ更新をお休みします。
今は、ちょっとその余裕が無さそうです。

7月27日22時過ぎ。
保護部屋に入ると、ぎんちゃんがフローリングの上で仰向けに寝転がっていました。
「お腹見せちゃってぎんぎんは可愛いなぁ〜!もう!」なんて呑気に思いました。
だって、ついさっき、大喜びで「たまにもらえるオヤツ=缶詰」を食べて、
尻尾をご機嫌にフリフリしていた子が
10数分後には亡くなっているなんて、私の理解を超えていたんです。
微笑ましい気持ちでぎんちゃんを見つめて、次第に異変に気付きます。
「なんで起きないんだろ?…なんかナゴナゴ達の様子ヘン?あれ…お腹が動いてないような…」
ぎんちゃんの顔をよくみると、瞳孔が開いて、ほんの少しだけ開いた口から舌の先が出ていました。
思わず叫んでしまっていたようで、私の悲鳴を聞いて夫が駆けつけました。
ぎんちゃん!!夫も叫びながらぎんちゃんを抱き抱え、心臓マッサージやら人工呼吸やらを試みますが、
ぎんちゃんは力なく揺らされているだけで。
もうやめたげて…もう死んでる…なんで?なんで?
私はそれしか言えなくて。

前日も当日も、本当にいつもと変わらない様子でした。
食欲はありすぎる程あったし。ナデナデしたら大音量ゴロゴロで寝転がってお腹を見せてくれたし…
吐いたり下痢したりもなかった。
いつも通りの、可愛いご機嫌ぎんぎんでした。

本当は体調を崩していたのに気付けなかったのか?
持病らしい持病と言えば膀胱炎だけど…
でも、暖かくなってからは全く再発せず、どうやら、冬の季節だけだったみたいだなと思っていた矢先。
人間が気付けるレベルの異変はなかった。断言はできないけど、そう思う。

かなり悩んだ末、いつも診ていただいている病院で、死因を調べてもらうことにしました。
多分、老衰や明らかな病死なら、こんなことは考えもしなかったでしょう。
でも、本当に原因がわからなくて。
原因がわかったところでぎんちゃんは帰ってこない。
それはわかっていても…
ぎんちゃんの身体に何が起こったのか、どうしてこんな早くに死ななければならなかったのか。せめて理由が知りたかった。
例えば、私たちのお世話に問題があったとか、何らかの疾患を見過ごしていたなら…
『私たちがきちんとしていたら、ぎんちゃんの死は防げたんだろうか?』
『あんなに元気だったぎんちゃんが亡くなってしまうなら、明日、また別の子が突然亡くなっても不思議じゃない。
原因を知っておかないといけない気がする。』
亡くなった愛猫の身体にメスを入れるなんて…という考えも勿論ありましたが…
まだ沢山の命を預かっている以上、知る必要があると思いました。


病理検査の結果、調べていただいた限り、ぎんちゃんの身体は健康そのもので、どこにも異常はありませんでした。

心臓は形も色もきれいで、サイズも異常がなく、フィラリアも寄生していなかった。
猫の突然死でまず疑われる急性心不全、フィラリア症、血栓…の可能性はない又は低い。

喉にも異常なし。
吐き戻したご飯が気管に入って…という可能性もない。

念のため、調べてもらったお腹でも、異常は見当たらず。
腹水なし、腎臓、肝臓、その他の臓器もきれいでした。
特に心配だった腎臓には石もなく、何の異常もなくて。
やっぱりあれは一過性の膀胱炎で、腎不全などではなかった。

残された可能性は脳。先生に調べてもらうことは可能でしたが、
「それはやめよう。可愛いお顔はそのまま旅立たせてあげたい」夫の意見に、
私もそう思い、調べてもらうことはやめました。

先生は色々な可能性を教えて下さいました。
・脳に何かが起こった
・ひきつけ?発作などによるショック死
・先天的に脳に何かを抱えていた可能性も考えられる
・非常に可能性は低いがFIPドライタイプの痙攣などによるショック死
(それまで全く症状が出ていないので、最初の最初で重く出た?)
何れにせよ、飼い主さんが事前に気付けた可能性は、ほぼない。
先生の言葉で、自分達を責める気持ちが少しだけ減りました。
減ったところで、ぎんちゃんは帰ってこないけれど…ぎんちゃんを失った悲しみは消えないけど…

結局、今もぎんちゃんの命を奪った原因は不明のままです。
どうしてぎんちゃんが死ななければならなかったんでしょうか。
せめてその理由を知りたかったけど、それも叶いませんでした。

ぎんちゃん
穏やかで本当にびっくりするくらい優しい子でした。
たくさんの猫たちが我が家に仲間入りしては卒業していきましたが、
ぎんちゃんはその誰のこともいじめたり、威嚇したりしませんでした。
ナゴナゴ・ごま・もも ルームメイト達から物凄く愛された人気者でした。
特にナゴナゴとは実の兄弟のように仲良く、くっついて眠る二人の姿は、見ている私まで胸がいっぱいになる程、幸福感に溢れていました。

だから、ぎんちゃんの一生が不幸だったとは思いません。
あまりにも短くて、のら猫時代は苦労が多い猫生だったとは思うけど…
保護されてからは、3食昼寝付きの室内暮らしを楽しんでくれていたと思いたいです。幸せな瞬間も沢山あった猫生だったはず…
少なくとも、私たちはぎんちゃんと暮らせて幸せでした。
恐がりで、ビビりで、食いしん坊で、お茶目な一面もあって。
ぎんちゃんのことが大好きでした。本当にすごくすごく可愛い子だった。大事な家族だったのに。

昨日お葬式を行って、ぎんちゃんはお骨になりました。
大きくて、あんなに立派だったぎんちゃんの身体が随分小さく、軽くなってしまいました。

お葬式をしてしまう前日、
最期に、ぎんちゃんがかつて暮らしていた空き地や、その周りをぎんちゃんと夫と散歩しました。
だだっ広い空き地だった場所に老人ホームが建ち、随分景色が変わっていて、
ぎんちゃん、きっと目を丸くしていたんじゃないかな。
ぎんちゃんと初めて出会った場所でも沢山お話しました。

今まで、猫の神様はいると思っていたけど、
本当はいないのかもしれません。だって、こんなに良い子のぎんちゃんが
こんなに若く、しかも突然命を奪われるなんてどう考えてもおかしい…
今でも信じられない、悔しい。


ぎんちゃん、我が家に来てくれてありがとう。
助けてあげられなくてごめんなさい。
ぎんちゃんがいなくなってしまって、2人ともずっと泣いてるよ。
ナゴナゴ達もすごく寂しそうだよ。


最後になりましたが、
ぎんちゃん可愛いと言って下さった皆様、ブログを見て下さる皆様、ありがとうございました。
また落ち着いたら、ボチボチ更新しますので、良ければのぞいて下さいね。
ありがとうございました。



*猫ブログランキング参加中♪1日1クリックで順位がUPします。
 「読んだよ♪」の印に↓をポチっとして下さると嬉しいです*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

(*ΦωΦ) リンクいろいろ(ΦωΦ*)
NPO法人おおさかねこネット 猫の里親会を毎月開催中♪
公益財団法人どうぶつ基金 さくらねこ無料不妊手術事業の申請受付中♪
by nekonekofu | 2014-07-30 10:47 | 保護ねこ
<< お久しぶりです! きなこ・あんこ・くるみ 譲渡会... >>