久しぶりのTNR! 駐車場ねこTNR その2

少し前になりますが、久しぶりにTNRを行いました。
捕獲:4月27日 手術:4月28日 リリース:4月30日
↑27日は現在トライアル中、ミルクのお届けの日。朝から晩まで猫ばかりな1日でした(笑)

今回TNRを行ったのは、昨年11月にTNRを行った現場。(その時の記事はコチラ
ラグ風の男の子と灰白の男の子は、その後も毎日ご飯を食べに来てくれています。
一向に馴れる気配はないけれど、2頭とも元気そうなので嬉しい043.gif
そんな、ずっと2頭だけだったこの場所に、少し前から新たな猫さんが2頭登場・・・
シャム風の子と黒白の子。これはまずいな~と、TNRを決行しました。

比較的スムーズに2頭とも捕獲!やった~!!と思っていたら・・・
「・・あれ!?この子、耳カットしてる!」
「この子、ミルク達と一緒にTNRしたシャムちゃんやわ!」
シャム風の子は、昨年の7月に私たちがTNRした“シャムちゃん”でした!(この記事の子です)
TNRした場所からいなくなってしまって心配していたのですが、すぐ近くで元気で頑張っていたのです。
再会できて嬉しい!けど、2回も捕まえてしまってごめんよ・・・
シャムちゃんはコロコロと太っていて、体調も良さそうだったので、その場ですぐリリース。
「ごめんね~」の言葉もむなしく、一瞬で走り去りました(当たり前)。

それにしても…さくらみみカット をしていなければ、手術済とわからず、
2回も麻酔をかけて手術してしまうところでした。
「いくら麻酔中とはいえ耳を切るなんて可哀そう」と思う方がいるかもしれないけれど、
猫自身の身を守るために、「不妊手術済です」と一目でわかる さくらみみカット は大切。
その重要さが身にしみてわかった一件でした。

さて、もう一頭の黒白の子は初めて見る顔。もちろん さくらみみカット はありません。
この時期は、猫の子育てシーズン真っ只中。
捕まった子が、授乳中のお母さん猫だった場合は手術できません。
雄か雌か。雌の場合は授乳中でないかどうか。捕獲器を持ち上げて猫の身体の確認が必須です。
「小柄だし、女の子じゃないかなぁ? ・・・タマタマついてます。」
「あ、男の子か。なら問題ないね!」
翌日、病院へ。手術とワクチンが無事終わりました。(写真は病院で撮影)
f0294869_1495260.jpg

f0294869_1495369.jpg

f0294869_1495440.jpg

えくぼのような模様が可愛いでしょう?
捕獲直後はすごく大人しくて、もしかして里親様を探せるかも!?と期待しました。
が・・・手術後に豹変。そばに近寄るだけで激怒するように(泣)
2日間ケージで暮らしてもらい、祈るような気持ちで様子を見ていましたが、怒りはおさまらず。
室内での生活は難しい(全く触れない・ずっと怒っている)と判断し、元の場所にリリースしました。

その後、黒白くんもシャムちゃんも毎日ご飯を食べに来てくれています。
もちろん、元々住んでいるラグ風くんと灰白くんも。
良かった…みんな、頑張って生きていってほしいです。

*猫ブログランキング参加中♪1日1クリックで順位がUPします。
 「読んだよ♪」の印に↓をポチっとして下さると嬉しいです*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

(*ΦωΦ) リンクいろいろ(ΦωΦ*)
NPO法人おおさかねこネット 猫の里親会を毎月開催中♪
公益財団法人どうぶつ基金 さくらねこ無料不妊手術事業の申請受付中♪
[PR]
by nekonekofu | 2014-05-09 18:30 | TNR
<< 【幸せ便り】むーちゃん通信 【幸せ便り】ゴエモンくん通信 >>