ココちゃん闘病メモ10 口内炎鎮火中!?

こんにちは016.gif
ステロイドの服用開始から1週間が経ちました。嘔吐や下痢等の異常はなく良い調子です。
開始3日目頃から食欲が増し、なんとカリカリを食べてくれるように!

食べてる…
f0294869_20462084.jpg

食べてる♪
f0294869_2046214.jpg

初めて見るカリカリを食べる姿。ちょっぴり感動です038.gif
(猫は丸呑みで食事を摂る生き物なので、全抜歯してもドライフードを問題なく食べることができるそうです)

ヨダレの量も減っています。アクビをしたり、毛繕いらしい動きをしてみたり・・・
何より、ココちゃんの表情が随分豊かになってきました!
お口の炎症と痛みが減っていることが実感できます。ステロイドの効果恐るべし。
これまで、「できる限りステロイドは使いたくない」と希望して、実際に全く使わずにきましたが、
短期投与であれば、そこまで怖がらなくてもいいのかも?と思うようになりました。
要所要所でお薬の力をうまく借りつつ、ココちゃんの生活を快適にしていきたいものです。

2月25日再診 体重2.56kg(過去最高記録)
いつものように、全身、そして口内の状態を確認。炎症がすごく減っています!

手術前:口一面真っ赤。ブヨブヨに腫れて出血もしている状態。
手術後:上あごは全体的に赤い。下あごは口のフチは赤いものの、ピンク色の部分も出てきた。
今 回:口のフチと舌の一部にまだ炎症が残るものの、それ以外の部分はきれいなピンク色に。
手術とお薬でここまできれいになるんだ!と嬉しい驚き。
(今さらなんですが、口内の写真を撮って記録しておいたら良かったなぁ・・・)

炎症部分に明らかな改善が見られること、重大な副作用は起こっていないことを踏まえ、
今後の治療方法について相談。
先生「ステロイドの使い方として効果的と言われているのが、
最初にドバっと大量に入れて、症状を見ながら量を減らす…という方法です。
ただし、多量に摂取することは、それだけ副作用のリスクも高くなります。
今回は慎重に行った方が良いと判断し、かなり少なめの量で始めました。
現在ココちゃんが飲んでいるステロイドの量は、通常の猫の摂取目安量の1/2、
免疫抑制を目的として使う場合の摂取目安量の1/4です。
現在でもかなり炎症の改善がみられているので、このままの量でも問題ないと思います。
一気に炎症を叩くために通常量(今の量の2倍)にしてみるのも一案です。
ただし、ステロイドはどうしても不安だという場合でしたら、
今のタイミングでやめてしまうのもありだと思います。」


先生はいつも、
『Aという方法があります。メリットは…、デメリットは…です。
Bという方法もあります。メリットは…デメリットは…
Cという方法もあります。メリットは…デメリットは… どういう治療を行っていきましょうか?』
という感じで治療方法の候補について説明し、必ず患者の意見を聞いて下さいます。
こうするべき、これしか方法はありません、という言い方はされません。
詳しく知りたい、副作用の可能性についても納得した上で治療を受けたい私には有難いです。
(この辺は相性だと思いますが…)
薬一つとっても、注射か内服薬か、内服薬なら錠剤・粉薬・液薬どの形にするか、
猫の個性に応じて選ばせてくれるのも、有難い。
いくらいいお薬でも、きちんと飲ませられないと意味がないですもんね008.gif
いつも混んでいるのと、料金が少しばかりお高めなのが玉に瑕だけど(笑)
良い動物病院が近くにあって助かっています016.gif

相談の結果、残っている炎症を早く鎮めるため
今回はステロイド量を通常の摂取量(今の2倍)に増やしてみることにしました。
1週間後に再診です。

最近はココちゃんの調子が良くて、夫も私も上機嫌です(笑)
毎日2人から撫で撫でされて、可愛いと連呼されてココちゃんも上機嫌♪
この調子だぞ~ココさん♪

*猫ブログランキング参加中♪1日1クリックで順位がUPします。
 「読んだよ♪」の印に↓をポチっとして下さると嬉しいです*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*NPO法人おおさかねこネット 猫の里親会を毎月開催中♪*


*TNR や さくらねこ について、詳しくはコチラ*

[PR]
by nekonekofu | 2014-02-28 10:51 | 医療関係
<< 【幸せ便り】きいちゃん通信 ココちゃん闘病メモ9 良い感じです♪ >>