ココちゃん闘病メモ3 抜歯手術の時期は・・・

f0294869_18233981.jpg

病院は嫌いよ〜としおしおするココちゃん042.gif
涎の量が増えてきたため、ペットシーツ装着座布団に寝てもらっています。

【ココちゃんの様子】
●しばらく軟便が続いていたが、1月9日・10日に鮮血混じりの軟便が出る。
血便なので、まだましだけれど(本当に怖いのはレバーのような黒い血便、いわゆる「タール便」)、
検便してもらう。
→心配していた寄生虫・原虫等は検出されず。腸内環境が崩れており若干細菌が気になる状態。
腸の粘膜に炎症があるため血便になったと思われるとのこと。
細菌を叩くため、口腔以外にも効果があるタイプの抗生剤アモキクリアに変更(1日2回各1/2錠)。

●が、痛みで口を開けられないココちゃん相手に1日2回の投薬は至難の技…
錠剤のままでは勿論、ねり状にして口に塗ったり、液状にしてシリンジであげたりしても
半量以上は吐き出してしまう…規定量の投与がなかなかできない。

●数日で便の状態は改善されたが、涎の量が明らかに増え膿混じりに…
抗生物質の量が足りていないと思われる。
1月14日通院。
体重:2.38kg 前回より約100gマイナス
先生と相談し、以前の抗生剤を1日1回1/4錠投与で様子を見ることに。
(注射タイプの抗生剤、コンベニアはココちゃんの口内炎にはあまり効果がないらしい)

●お湯でふやかしたドライフードがヒット!好んで食べてくれる。
一方、最近まで好きだったa/d缶・i/d缶には見向きもしなくなった・・・
(i/d缶をまとめ買いしたばかりなのに~!!笑)
まぁ食べてくれるだけありがたい。なんとか少しでも体重を増やしたい。

●サプリメントeFace-vは毎日塗らせてくれる。思っていたより嫌ではない様子。
(好きな味なのかな?抗生剤を飲むのはめちゃくちゃ嫌がるのに・・・)
効果はまだわからないが、少なくとも投与開始による悪影響は見られない。今後も継続する予定。


診察時に口内を確認させてもらったところ、
唇の辺りまで腫れ上がり、ブヨブヨで真っ赤。出血も沢山ありました。
自主的にご飯を食べてくれるのは奇跡に近いレベルの炎症だそうで…
今後も体重が減るようであれば、現段階で手術に踏み切り、抜歯してあげた方がいいかもしれないと…
一体どれほどの痛みに耐えているのか…先生も顔を曇らせる程です。
ガリガリのぺしゃんこな身体で頑張るココちゃんが可哀想でなりません。

抜歯は全身麻酔でかなり長時間の手術になり、相応のリスクもあります。
早めに手術してしまうの方が良いのか、少しでも体重を増やしてから行う方が良いのか…
最終的には抜歯手術は行うつもりですが、時期については迷っています。

*猫ブログランキング参加中♪1日1クリックで順位がUPします。
 「読んだよ♪」の印に↓をポチっとして下さると嬉しいです*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*NPO法人おおさかねこネット 猫の里親会を毎月開催中♪*


*TNR や さくらねこ について、詳しくはコチラ*

[PR]
by nekonekofu | 2014-01-14 17:40 | 医療関係
<< 週末は里親会だよ♪ムー太郎 ココちゃん闘病メモ2 eFa... >>