ゆくにゃんくるにゃん2016♪その2

続きましてゆくにゃんくるにゃん2016その2!
ここからは、自力で(?)発見した子猫ではなく、相談案件。

072.gifうめちゃん 2016年7月保護、8月卒業
f0294869_18251981.jpg
今回は私の母親から相談が…
「家の近所の野良猫ちゃんが出産したみたいで、子猫がウロチョロしてる…
なんか近所でも問題になってるんやけど、どうしよう」と。

わぁーでたぁー( ´∀`)

実家のお隣さんが庭で野良猫に餌をやっていたら、
メス猫2頭が居ついてしまって、どちらも出産。
歩けるようになった子猫達を連れて来て
ママ猫2頭、子猫7頭、合計9頭がわちゃわちゃしているらしい…
そら目立つわ!:(;゙゚'ω゚'):

このまま放っておいたら、子猫が成猫になってネズミ算式に増えて…
どうしようもない状態になることは火を見るよりも明らか。
実家の両親、それからお隣さん(餌やりさん)を説得して、
ママ猫はTNR、子猫は保護・里親さん探しをすることに。

野良猫を不憫に思って食べ物をあげる優しい気持ちがあるなら、
周辺の清掃と不妊去勢手術も必ずセットで!!
ほんまにお願いしますよー。゚(゚´Д`゚)゚。

最初に保護した子猫は、衰弱の激しかったうめちゃん。
f0294869_18260764.jpg
子猫達の中で1頭だけ発育が悪く、保護時の身体はガリガリペラペラ。
自力で食べられないほど弱っていたので、強制きゅうじで何とか命を繋ぎました。
f0294869_18273429.jpg
死なせるもんか!と必死だったなぁ~( ;∀;)
ウイルス検査は陰性だったものの、コクシジウム持ちだったりと、
里親会に出せるようになるまでがなかなかハードでした。
(動物病院にて。少しふっくらしてきれいになったね)
f0294869_18265664.jpg
とっても可愛くて愛想良しな性格なので、
里親会デビュー後はすぐにお声がかかり、
8月の終わりには我が家から卒業していきました♪
(里親様に甘えるうめちゃん)
f0294869_18283632.jpg
で、正式譲渡後も、里親様は定期的に連絡を下さっていたのですが、
ある夜、突然お電話が。
「弱っている野良猫さんを見つけてしまいました…
すごく人懐っこいし、どうしよう」と。

実は里親様方からちょくちょくこういうご相談を受けます。

見つけてしまったのなら、できる限りのことをしてあげて欲しい。
保護してもらえたら、その子の命が助かるので嬉しいけれど、
それは時間もお金もかかること。人によってできること、できないことは違う。
そっとご飯を差し出すだけ、安全な場所に移動させるだけ、
もしくは、一切手出ししないことも1つの選択肢。
もしも、ご自身で保護してもらえるのであれば、
必要な医療ケア、人に慣らす方法、里親さんを探す方法など…
いくらでも助言やお手伝いをさせてもらいますよ!

いつもこんな感じでお答えしています。
(実際は、保護してくれたら嬉しい感がもっと出てしまってるはずヽ(;▽;)ノ)

今回は、里親様ご自身で決断されその子を保護されました。
優しく、そして勇気のある決断に感激です!

幸いなことにその子には重篤な病気はなく、次第に体調も回復。
うめちゃんとの相性やご家族の意見もあるので、
里親募集をするかどうかしばらく迷われた末、家族として迎えることに。
f0294869_18291290.jpg
お姉さんのうめちゃんともすっかり仲良くなりました♪
見た目はソックリだけど、血縁関係はありません。
優しい里親様と出会えて2にゃんとも本当に良かったね(*´ω`*)

うめちゃんのきょうだい子猫達のお話は次回に続く…


*猫ブログランキング参加中♪1日1クリックで順位がUPします。
 「読んだよ♪」の印に↓をポチっとして下さると嬉しいです*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

(*ΦωΦ) リンクいろいろ(ΦωΦ*)
NPO法人 おおさかねこネット
大阪市・本町で毎月里親会を開催中!
ねころじの会
堺市・堺東で毎月里親会を開催中!
公益財団法人どうぶつ基金
さくらねこ無料不妊手術事業についてはコチラ

[PR]
by nekonekofu | 2017-01-17 18:30 | 里親さんさがし | Comments(0)
<< 新入りさん いらっしゃ〜い♪ ... あけましておめでとうございます... >>