幸せ 卒業ねこ たち♪ その3

こんばんは♪
またまたブログ放置気味です…(;´Д`
気を取り直して。今日からしばらく更新頑張ります!

卒業にゃんこ おとな部門、その3!

072.gifフク【2016年4月保護、2016年7月16日卒業】
f0294869_18225820.jpg
2016年6月のおおさかねこネット里親会でお家が決まったフクちゃん。
保護期間3カ月弱は おとなニャンコ としてはスピード卒業ですね‼︎
とっても甘えん坊で可愛らしい男の子です♪
f0294869_18280436.jpg
フクちゃんは自宅近くの空き地に ある日突然現れました。
身体は痩せ細り、毛並は薄汚れてボサボサ…
あまりに不憫な姿に 迷わずご飯を差し出しました( ; ; )
久しぶりに美味しいものを食べたからか?この1回で完全に懐かれてしまい。

その日以来、私の足音を聞くと
「ニィヤァァァァァァアー!」と絶叫しながら走って来るように…笑
そして、お腹がいっぱいになるまで纏わり付いて離れない!
1週間弱で触れるレベルにまで馴れてくれ…
こりゃ外には置いておけないよなぁ~とTNRではなく保護することに。
まぁハイ、いつものパターンですわ(›´ω`‹ )

あまりに無防備でおバカ(ごめん)な言動 + 小柄だったことから、
1歳未満の中猫さんかな?と思っていましたが、
病院で詳しく診てもらうと、実は5~6歳と結構いいお年だったことが判明。
これには夫も私もビックリ!
でも、すぐに素敵な里親さんが見つかりました。

トライアル開始当初は、環境の変化に戸惑っていたフクちゃんでしたが、
里親さまご夫婦は優しく辛抱強く見守ってくださいました。

最初はケージからスタート!
f0294869_18292218.jpg
少し慣れてきたかな?
f0294869_18322159.jpg
トライアル期間が終わる頃には、すっかり甘えん坊にゃんこに♪
f0294869_18344211.jpg
フクちゃん、家族ができて本当に良かったね( ´ ▽ ` )
お外で暮らしていた頃の記憶は忘れて、
これからは優しい里親さんと のんびり幸せに暮らしてください♪
f0294869_18342964.jpg
卒業おめでとう!!



*猫ブログランキング参加中♪1日1クリックで順位がUPします。
 「読んだよ♪」の印に↓をポチっとして下さると嬉しいです*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

(*ΦωΦ) リンクいろいろ(ΦωΦ*)
NPO法人 おおさかねこネット
大阪市・本町で毎月里親会を開催中!
ねころじの会
堺市・堺東で毎月里親会を開催中!
公益財団法人どうぶつ基金
さくらねこ無料不妊手術事業についてはコチラ

[PR]
by nekonekofu | 2016-09-27 17:11 | 里親さんさがし | Comments(7)
Commented by kyari3 at 2017-01-01 20:35 x
あけましておめでとうございます(^^)

大晦日に、ボロボロすぎるおばあちゃんシャム猫を保護しました。

ココちゃんほどではありませんか、先生にもかなり重症と言われ、本当にひどいです。泣
年齢15歳超えてるそうで、完全に未知の領域ですが、ゆる〜く頑張ります(^^)

ココちゃんの頑張りにあやかって、ココちゃんという名前を頂きました。笑
Commented by nekonekofu at 2017-01-13 22:38
Kyariさんへ

あけましておめでとうございます♪ご訪問&コメントありがとうございます(*´꒳`*)

ココちゃん、寒い季節に保護してもらえてどんなに嬉しいことでしょう…(/ _ ; )15年生きてきて、初めて手を差し伸べてくれたkyari3さんにとても感謝していると思います。
我が家にも、推定10才以上?もしかしたら15才以上?な おばあにゃんがいます。FIV・慢性化した猫風邪・糖尿病など色々病気はありますが、今はものすごく元気、そしてお茶目で可愛いです。彼女を見ていると、おばあにゃんにはおばあにゃんの可愛さがあるなぁとしみじみ思います(о´∀`о)

おかげさまでココちゃん1号は里親様のお宅でのびのび過ごしています♪(里親様のお誘いで、昨年遊びに行かせてもらったのですが、面白キャラは健在で可愛かったですよ)
ココちゃんも元気になって、お家猫ライフを楽しめますように… 今年もよろしくお願いします!
Commented by kyari3 at 2017-01-19 01:37 x
こんばんは!
ブログ更新を心待ちにしていました(^^)
やはり活動をしていると大変ですよね。。。

ココちゃん2号ですが、あまり状態がよくありません。
保護して3週間、1週間めあたりで寝たきりでしたが先週あたりは食欲回復し、表情にも余裕が出てきましたが、また今週ぐんぐん食べなくなり、強制給餌頼みです。
いまは歩いたりしていますが、また寝たきりになってしまわないか危惧しています。

長い間鼻炎を放置されたせいで、鼻の骨が溶けて、おでこに膿が溜まっており、鼻も詰まっている状況なので、おそらく匂いがせず食欲がないのかと…

抗生物質もイタチごっこであまり効果はなし、食べ物はかたっぱしから試しましたがad缶が一番マシかなあといった感じです。
先生も様子見です。

食べる気はあるんです。でも食べれないのが可哀想で。
鼻チューブの手術には耐えられそうになく、身体中空気だらけで輸液も出来ない、追い詰められています( ; ; )
Commented by nekonekofu at 2017-01-19 23:41
kyari3さん

こんばんは、コメントありがとうございます。
ココちゃん…食べられないのは猫も辛いでしょうけれど、人間側もこたえますよね( ; ; )

a/d缶がいけるのは心強いですね。
もう試されているかもしれませんが、液体状の食べ物はどうでしょうか?
ココちゃん1号、他の子の体力低下時に、
カロリーエースや仔猫用粉ミルクなどを猫肌より少し熱めに暖めたら、口にしてくれたことがあります。体力が下がり気味の時期は固形物や半固形物より楽みたいで。ミャウミャウというウェットフードのポタージュスープタイプも好きな子は好きです。

強制給餌もしてもらって、栄養はとれていますし、温かな室内で、寒さや悪天候の影響もありません。
保護前にココちゃんが置かれていた状況より、今はずっとずっと良い環境なはず。

猫さんの生命力はすごいものがありますから、ココちゃんの体力気力を信じて、支えてあげてください。
あまり参考にならずごめんなさい>_<
kyari3さんとココちゃんを応援しています!
Commented by kyari3 at 2017-01-24 23:14 x
こんばんは。

今朝、シャムおばあちゃんが亡くなりました。
昨晩は強制給餌もうまくいき、容体も悪くなさそうだったのでシャムちゃんを残して寝ました。

そして、起きてみると、温かいサークル内を出て、冷たい床の上で亡くなっていました。
最後にうんちをして、そのまま力尽きたようでした。
まだ少し温かかったんです。
今朝はいつもより起床時間が遅く、いつもの時間に起きていれば間に合ったかもしれません。

それより、なんで一人にしてしまったのか。
夫は可哀想だと泣き、私はできることはしたと夫を励ましながらも、やっぱりなんで一人で逝かせてしまったのだろうと、後悔をしています。

過酷な時間を耐えてきて、うちでも頑張ってくれたから、最期を看取ってあげたかったです。
ずっと飼っていた猫の死よりも、ある意味でとても悲しいです。

色々とアドバイスをありがとうございました。
今回のことは、必ず次の子達に繋げようと思います。
Commented by nekonekofu at 2017-01-26 23:35
kyari3さん

こんばんは。お辛い中、書いて下さってありがとうございます。
とても悲しく、ショックで、コメントを見てしばらく放心状態になってしまいました。お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

悲しみの中におられるkyari3さんに何と言葉をおかけしていいか…あまり上手にまとめられないので、お伝えしたいことだけ、書かせてもらいます。

ココちゃんはkyari3さんご夫婦にとても感謝していると思います。
大晦日に保護してもらって、暖かい場所で新年を迎えられたこと。寒さが一層厳しくなる年明けからも、お部屋の中で暖かく過ごせたこと。病院で治療を受けられたこと。食欲が落ちてしまっても強制給餌や色々とお世話をしてもらえたこと。
何より、愛してくれたこと。自分の死を悲しみ泣いてくれる存在がいること。
きっと、どれもkyari3さんと出会う前のココちゃんは知らなかったことです。kyari3さんご夫婦と過ごした時は、ココちゃんにとって、とても幸せな時間だったと思います。過酷な猫生を頑張ってきたココちゃんへのご褒美だったと思います。
だから、あまりご自身を責めないでください。
Commented by nekonekofu at 2017-01-26 23:40
自分の話になって恐縮ですが…
私もぎんちゃんを看取ることができませんでした。部屋に入った時にはもう亡くなっていて。
どうして一緒に居なかったのか、どうして気付かなかったのかと自分を責め、後悔ばかりしていました。

その後悔は無くなりはしないのですが、最近、思うのです。
確かに最期をしっかり看取ることは理想だけれど、それだけが大切なわけではない。一緒に暮らしていた時に愛情を注いで、猫さん自身が幸せを感じていたことが大事なんじゃないかと…。

あと、ココちゃん、名前をプレゼントしてもらって、きっと嬉しかったと思います。
もし、シャムおばあちゃんと呼ぶのが ココちゃん1号に気を遣って下さってのことなら、お気遣いは無用です。ココちゃんと呼んであげてくださいね。

本当に辛い中、次の子に繋げようと前を向かれていて、尊敬します。ココちゃんが教えてくれたことを活かしていくことも供養になる、そう思います。

寒さが厳しい時ですし、お身体大事になさって下さいね。長々とまとまりもなく、ごめんなさい。
<< あけましておめでとうございます... 幸せ 卒業ねこ たち♪ その2 >>